不用品回収を行う業者の中には「見積無料」を謳いながら最終的にインターネットの表示価格よりも高額な料金を請求してくる業者もいます。

中には作業が始まってから「これもすると〇万円、これも回収すると〇万円」と作業がすでに始まっているためにお客が承諾するしかない状態でどんどん料金を上乗せしていく業者もいるようです。

それでは良心的な不用品回収業者と悪質な不用品回収業者の違いはどこにあるのでしょうか?
それは古物商許可証と取得しているか?と業者の不用品回収の目的は?を知ることができれば見分けることができるようにあんるでしょう。

 

古物許可は最低限!古物商許可証もあてにならない?

不用品回収業者の最低限の持っているべき許可として「古物商許可証」があります。
古物商の許可証とは古物を売買したりするのに必要な許可のことですが、これは最寄りの警察署に申請すれば比較的簡単に取得できます。

つまりこの比較的簡単に取得できる許可すら取得していない業者であったり、何らかの理由で古物商の許可を取得できない業者はもはや真面目に仕事をする気がないか、トラブルがあった場合はすぐに閉業するつもりの可能性があります。

ちなみに古物商の許可は警察署で申請するものなので、前科があったりすると許可を取得できない可能性があるらしいです。
古物商の許可は簡単に取得できるので、許可を持っているから安心とは言えないですが、持っていないのは問題外の業者ということです。

ちなみに古物商許可番号はホームページを持っている業者であればホームページの下部などに記載していることが多いので簡単に確認できます。

↓古物商許可証番号記載例↓

不用品回収業者の主な低価格戦略

※高額買取、無料格安回収が可能な理由

・実店舗があるため無料や高価格買取が可能
・不用品回収を皮切りにリフォームなどの工事を営業
・海外輸出のルートがあるため無料回収や高価格買取が可能

 

実店舗があるため無料や高価格買取が可能

実店舗があるということは無料で回収したものであっても店舗で販売することによって売上を確保できるということです。
ちなみに誰もが知っている上場企業のセカンドストリート、ハードオフ、ブックオフなどの大型店舗を持つ大手企業も古物商許可を取得しています。

のちの売上が見込めるため不用品回収の回収専門業者よりは低価格なことが多いですが、店舗型である場合は様々なランニングコストがかかってしまうためそこまでの低価格は期待できないでしょう。
また、転売が不可能なものは回収を断られることも多いです。

不用品回収を皮切りにリフォームなどの工事を営業

不用品の無料回収や高価格買取というのはエンドユーザーからするとぜひ頼みたいことでしょう。
業者からしてもこのような不用品回収の営業は窓口の突破がしやすいので行いやすい事業です。

不用品回収をすることによってお客様の家を見ることができるため、そこでリフォームや家の修繕工事などの営業を行う建築業の業者がいます。
このような業者は工事での売上が目的のため不用品回収の料金を抑えていることが多いです。

 

海外輸出のルートがあるため無料回収や高価格買取が可能な業者

近年発展が著しい東南アジアやアフリカですが、まだまだ日本の中古品の需要は高いです。
海外に輸出ルートを持っていたり、提携先がある不用品回収業者は海外で日本で売る以上の売上が見込めたり、日本ではすでに価値のないものであっても海外で価値あるものにできるため、なんでも引き取ってくれる可能性が高いです。

ちなみにロハスる運営の弊社はこのカテゴリーです。
弊社ロハスるのサービスが全国最安値を目指せる自信は海外に輸出ルートがあるためです。

まとめ

トラブルにならない信頼できる不用品回収業者を選別するには

・古物商許可証を取得しているか
・高額買取低価格・無料回収の理由を書いてあるか

最低限この2点はわかるような業者に手配することをおすすめします。

ロハスるは不用品回収、リフォーム工事、水廻り工事、設備工事も承ります!

おうちのお困りごとはございませんか? おうちの気になる場所はございませんか?
ロハスるは不用品回収、リフォーム工事、水廻り工事、設備工事も承ります。
もちろんお見積り無料で承っておりますのでご安心ください。

ご予算のご相談も積極的に対応致しますので、 遠慮なくご相談ください。 
※お問合せやご相談コチラからお願いします。

ロハスるは生活の不便、わずらわしい事、めんどくさい事など
皆さんの声に耳を傾け精一杯の対応を心がけます。

皆様も快適でロハスな生活を一緒に目指しませんか!?
本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました☆