こんにちは!
不用品回収ロハスるのnorimakiです。
今回はエネルギーについての記事を書こうと思います。
エネルギーといえば電気、ガス、ガソリンなどなりますが、おうちのエネルギーといえば電気とガスが主ですね。

オール電化とは?

ご存じの通り家電製品だけでなく給湯やコンロなどすべてのエネルギーを電気でまかなうシステムの事を言います。
最近はオール電化住宅も年々増えています。
新築はほぼオール電化ですね。アパートでもオール電化の物件が少なくないです。
そして人気です。

オール電化のメリットとは?

都市ガス+電気
LPガス+電気
電気のみ
この3パターンがあります。

都市ガスとLPガスはやはりどこの地方でも都市ガスのほうが割安になります。
ですが都市ガスが整備されていない地域は必然的にLPガスになってしまいます。
石川県は都市ガスは金沢市と小松市のみほとんどの家庭がLPガスです。
LPガス+電気とオール電化で比較してみたいと思います。

●LPガス+電気のメリット

一番のメリットは災害時に強いことです。
停電してしまうとオール電化の場合、家の設備が全て電気でまかなっている為、機能しません。
また、料理は火で!という方はガスを好む傾向があります。
また、料理でいうと、IHでは対応している調理器具しか使用できないですがガスはほぼ対応しています。しかもIH対応調理器具は少し高価になっていますので買い換えるとなるとガスの方がいいと考える方もいらっしゃいます。

▲LPガス+電気のデメリット

一番のデメリットは料金でしょうね。
石川県はほとんどの家庭がLPガスなので料金コストがオール電化に比べてかかります。
また、ガスコンロは火災リスクが高いというのもデメリットといえます。
高齢者の方の住む住宅ではIHが推奨されています。
あと個人的にもう一つ。ガスコンロの火は夏場は熱いです。IHだと近くにいても暑さはさほど感じません。

〇オール電化のメリット

ガスの場合はガス代にプラス基本料金がかかってきますが、電気のみだとこの基本料金がかかりません。
さらに初期投資はかかるものの太陽光発電を導入すれば光熱費の節約は大きなメリットですね。
IHクッキングヒーターはお手入れも楽ですし、とてもスマートです。
あとは、ガスファンヒーターに比べると空気もきれいでクリーンなイメージがあります。

△オール電化のデメリット

災害時に停電になると全ての機能がストップすることです。
蓄電池というものも開発されてきておりますが高価なものなのでなかなか手を出しにくいのが現状です。
電気自動車に電気をためておき昼間に使うなどもありますが、やはり自由度は低くなりますので日頃はそこまで無理しなくてもいいのかなと思います。
調理器具に関してはIH対応のものしか使うことはできません。IH対応のものは少しお高くなります。

まとめ

ガス+電気とオール電化を比べるとメリット、デメリットを考えると便利さやスマートさでいえばオール電化に軍配が上がります。
光熱費を節約というのが一番の魅力だと思います。

しかし、全国的にみるとガス併用の住宅を選ぶ人が全体の6割いるとされています。
東日本大震災を考えると電気一本にライフラインを絞ってしまうのは心配だという声が多いのも現実です。
日本は地震大国であり、近い将来大地震がかなりの確率で起こると言われています。
災害に対応するためだけを極端に考える必要はないとは思いますが、エネルギーに対する価値観やランニングコスト、メンテナンス費用など、自分で優先順位をつけて総合的に選んでいけばいいのではないかと思います。

ロハスるではガス併用、オール電化どちらの工事も対応致します。
エコキュートや太陽光発電などおうちに関するご相談を承ります!!

お見積り無料で承っております!
おうちの気になる場所はございませんか?
一度ロハスるにご相談ください。
ご予算のご相談も積極的に対応致します。

ロハスるは生活の不便、わずらわしい事、めんどくさい事など皆さんの声に耳を傾け精一杯の対応を心がけます
快適でロハスな生活を一緒に目指しませんか!?

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました☆