こんにちは。
ロハスるnorimakiです。

お久しぶりの投稿です。
不用品回収について今回は雑貨編です。

基本的になんでも回収いたしますが最近多いのは食器です。


衣類も多いのですが食器も結構あります。

古いおうち・・何代にもわたって住み継がれているおうちにはやはりたくさんの食器類が眠っています。
石川県や富山県を中心にロハスるはお伺いしておりますが、蔵のあるおうちが結構あります。
蔵の中を整理したいというご依頼もあり、その中にたくさんの食器があることが多いです。

私の実家もたくさんの食器がありました。
今はずいぶん処分したんですがお祭りごとや正月、お盆、法事など人がたくさん集まる機会が多かったように思います。
今ではオードブルや外食をする家庭もありますが昔は全て家庭で作っていたそうです。
そのため旅館で出てくるような大きなお皿や何十枚もお刺身皿やしょうゆ入れなんかがあって、うちには徳利も何個もあったのを覚えています。

人が集まると言えば座敷ですよね。
このようなオードブルを囲むとなると大勢の人が座敷に座って宴会をするっていうのが目に浮かびます。
今では新築で座敷のある家はほとんどないです。いや、新築の建売のチラシでも見たことないので座敷の家はもうないのかもしれません。
和室のないプランも多いですし。
昔はこの座敷での宴会がメインでした。そこで座敷の宴会がなくなると余ってくるもの

それは、座布団です。

ロハスるでは座布団の回収も多いです。
意外と重いんですよ!

あとは、布団、毛布
今ではベッドで寝る方が多いです。なので必然的に敷布団は使わずしまってしまうんです。
核家族化が進み、大きい家にはお年寄りだけしか住んでないということも多いです。
なのでますます蔵の中にしまってしまいそして出さなくなります。

以前、「布団がいっぱいあって、でも随分昔のだからどうなってる分からないんです」というご依頼がありました。
その方はその家には住んでいないらしくとりあえず中を片付けて今後どうするか考えるとおっしゃっていました。

なんと布団、座布団だけで2トン車いっぱいになりました。。。

日本ではお役を全うした物も海外へ行けばもう一度活躍できるものがまだまだたくさんあります。
今月も東南アジアの方へお届けいたします!

ロハスるは不用品回収、リフォーム工事、水廻り工事、設備工事も承ります!

おうちのお困りごとはございませんか? おうちの気になる場所はございませんか?
ロハスるは不用品回収、リフォーム工事、水廻り工事、設備工事も承ります。
もちろんお見積り無料で承っておりますのでご安心ください。

ご予算のご相談も積極的に対応致しますので、 遠慮なくご相談ください。 
※お問合せやご相談コチラからお願いします。

ロハスるは生活の不便、わずらわしい事、めんどくさい事など
皆さんの声に耳を傾け精一杯の対応を心がけます。

皆様も快適でロハスな生活を一緒に目指しませんか!?
本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました☆